面白い話題.com

Top
Twitter
フリー素材
相互RSS募集
現在、下記のアンテナ様の登録を目標としています。クリックによる応援よろしくお願いします。
アンテナちゃん
暇つぶしアンテナ
みんなのアンテナ
ライフまとめアンテナ
Quantum Feed
いーあんてな(#゚w゚)
おまとめ
ちょいちょいアンテナ
ワニアンテナ
アンテなう
棒読みあんてな
みーアンテナ
クマーあんてな
アンテナちゃんねる
ハリコのとら
アテナあんてな
にゃんてな!
アンテナアント(ANT)
いわしアンテナ >°))))彡
んんんあんてな
高澤淳介アンテナ
2ちゃんてな
おまとめ速報ナウ
2chnavi
まとめ(R-18) News Flash
フカ読みアンテナ
名無しアンテナ(´=`)
いっとあんてな
ふにふにあんてな
ばなんてな
雷速報
マルチプルサマリー
2chアンテナ
おもしろネタアンテナ
面白いアンテナ

相互リンク
hana Arts
ニュースコントローラー
スパーク速報
ありえない動画!
カワウ速報
芸能ちゃちゃちゃ
なんでも速報
いきぬきまとめ
タコタ屋タコタ
いかにも野球速報J
人生楽ありゃ苦もあるさ
芸能トレンド情報まとめ速報
就活速報
気まぐれ情報局
サッカーマニア
すっぴん速報
毒女婚活ちゃんねる
面白いAA辞典
げ~せわニュース速報!! -グラビアまとめ-
今日ぼくは学んだww
カテゴリ別アーカイブ

2017年12月

都道府県オナニー頻度ランキング

都道府県「自慰頻度」ランキング 神奈川1位の理由とは
 平均寿命が最も長い都道府県は男性が滋賀の81・78歳、女性は長野の87・675歳であることが13日、厚生労働省の発表でわかった。一方「TENGAヘルスケア」が発表した男性の自慰に関する調査「全国男性自慰行為調査2017(オナニー国勢調査)」が興味深い。15~64歳の全国5279人のうち「2~3か月に1回程度」以上自慰をする男性2000人を対象とした調査で、興味深い結果が示された。

都道府県別の1週間の自慰頻度ランキング(全国平均2・94回)で栄えある1位を獲得したのは
神奈川(3・77回)。2位兵庫(3・65回)、3位静岡(3・45回)と続く。

201712onani

同社は「湘南の開放的な雰囲気が、人々を性的にも開放的にさせ、オナニー頻度の増加につながったのかもしれません」と考察している。逆に最下位は徳島(1・95回)。徳島県民はオナニーに回す余力もないほどセックスで充実していると信じたい。ちなみに今年の「都道府県魅力度ランキング」で神奈川は5位、徳島は46位だった。オナニー頻度と地元の魅力度は何か関係があるのだろうか。

注目は「自慰の方法」(複数回答)だ。手を上下にピストンするスタンダード法が95・4%で圧倒的なのだが、変わったところでは「風を当てる」が0・6%だった。さらに0・6%が「自分でフェラチオ」と回答。自らの口で男根をくわえるセルフフェラは、男なら誰でも一度は挑戦したいが、 あきらめる都市伝説のような存在だった

女子サッカー、北朝鮮に負ける

1

職場でミスったらルンバの監視係になったwwwwwww

サッカーの東アジアE-1選手権第5日は15日、千葉・フクダ電子アリーナで女子の最終戦2試合が行われ、日本(なでしこジャパン)は北朝鮮に0-2で敗れ、2勝1敗の勝ち点6で2位にとどまり、2010年以来3大会ぶりの優勝を逃した。北朝鮮が3戦全勝で3連覇を果たした。

0171215a

日本はなかなか好機をつくれず、後半20分に相手エースのキム・ユンミに決められた。その後に追加点も奪われた。国際連盟(FIFA)ランキング9位の日本は、11位の北朝鮮に対して6勝5分け12敗となった。中国は韓国を3-1で下し、勝ち点3で3位。3連敗の韓国は最下位の4位となった。

ごみを丸ごとエタノールに変換【エネルギー革命】

1

ノーブラの反対ってイエスパンティじゃね?

NG NG ?PLT(13611).net
ごみを丸ごとエタノールに変換 世界初の技術、積水化学など開発

 積水化学工業は12月6日、米LanzaTechと共同で、ごみを丸ごとエタノールに変換する生産技術の開発に世界で初めて成功したと発表した。ごみ処理施設に収集されたごみを分別することなくガス化し、微生物によってこのガスを効率的にエタノールに変換できたという。熱や圧力を用いることなくごみをエタノール化でき、「まさに“ごみ”を“都市油田”に替える技術」だとアピールしている。
eta_02  収集されたごみは雑多で、含まれる成分・組成の変動が大きい。ごみを分子レベルに分解する「ガス化」の技術は確立されており、微生物触媒を使ってこのガスを分解する技術もあるが、ガスにはさまざまな夾雑物質(余計な物質)が含まれるため、そのままの状態では、微生物触媒の利用が難しかった。

 両社は今回、ガスに含まれる夾雑物質を特定し、その状態をリアルタイムでモニタリングする制御技術を開発。また、ごみに含まれる成分や組成の変動に応じて微生物の生育状態を調整し、活性を一定に維持する技術も開発した。これにより、ガス内の夾雑物質を除去・精製した上で、微生物触媒によって効率的にエタノールを生産できるようになったという。

 同社は、埼玉県内のパイロットプラントで2014年から3年間、実際に収集したごみを、極めて高い生産効率でエタノール化することに成功したという。

 2019年度に実用プラント稼働を目指し、以降、各地のごみ処理施設の更新タイミングでの本技術の普及を目指す。同技術の普及に向け、国などに広く説明していくとともに、各自治体やごみ処理関連企業等のパートナー候補を幅広く募っていく。
eta_01
RSS
RSS
記事検索
PVランキング